読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

白と黒の彩り

理工系大学生の気まぐれとわがままと、そんな少しばかりの日常

人体と物理

雑記 物理 科学

 反転させた色の絵をしばらく集中してみてすぐにグレースケールの同じ絵を見るとカラーに見える現象がある、現象の名前まではわからないけど.

 


錯覚-an optical illution- モノクロ写真に色がつく

 

 試しに↑の動画をみてくれればどんなものなのかわかるはず.

 オリジナルの色を反転させた絵を眺めて脳に入れておくことで、白黒絵に切り替わった瞬間にその差を埋めようと脳が勝手に残像を補完するみたいな原理だったと思う.もう少し詳しくは↓のリンクで.
 
 昔から世界一受けたい授業とかでアハ体験だのと言われていてこの現象は知ってたけど、昨秋ある大学のキャンパス公開に赴いたとき光学系のとこでこれを再びみた.
 別にそのとき何かあったわけじゃないけどふと、電磁誘導を思い出した.
 せいぜい高校物理程度の内容のことだけど詳しく書くのはめんどくさいので省くけども、なんだか似てるなって.
 もう少し言うなら逆起電力に似てるなって思った.
 
 ↑のリンクで簡単に説明されてるので逆起電力とかって何だっけって人は見てくれるといいかも.
 
 どうということではないけども、目と脳の関係?が電磁気学的な現象と似通っているところが面白いなと思ったのであった.
 いやはや、物理を少しばかり大学で学んでいる身としては物理ってすげーなって日々思うことだけども、人体も負けじと不思議な物だなと改めて感じたのであった.
 そんなことをふと思い出したので書いてみただけ.